大倉聡の経歴は?元アナウンサーが長崎県議会議員選挙へ立候補するその理由を予想!

元NBC長崎放送アナウンサーの大倉聡さんが、2023年春に行われる長崎県議会議員選挙へ無所属で立候補することがわかっています。大倉聡さんは2022年10月にNBC長崎放送を退職したことをTwitter上で明かしています。

その後、大倉聡さん本人のTwitterからは、長崎県議会議員選挙立候補するという表明は見当たらないのですが、各社の取材で立候補予定者へ名を連ねている状況です。では、大倉聡さんが長崎県議会議員選挙立候補する理由は何なのでしょうか?

この記事では、大倉聡さんの経歴を確認しながら、長崎県議会議員選挙立候補する理由を予想していきたいと思います。

目次

大倉聡経歴は?

それでは、大倉聡さんの経歴を確認していきましょう。

  • 名前:大倉聡 (おおくらさとし)
  • 生年月日:1977年9月7日
  • 身長:173cm
  • 血液型:A型
  • 出身地: 岡山県岡山市北区中井町
  • 出身校:大阪芸術大学
  • 略歴
    ■2001年 大阪芸術大学卒業後、瀬戸内海放送へ入社。キャストKSBパートナーズからの派遣という形でアナウンス部へ。
    ■2005年 NBC長崎放送へ移籍。アナウンス部に所属。
    ■2010年 父親中心の読み聞かせ団体「長崎子育て応援団体パパズパワー」を、保育園TON TON園長である松尾伸也「現NPO法人 輝(てらいと)-キミも大切な存在 代表理事」と立ち上げ定期的にボランティア活動を行う。
    ■2012年 アナウンス部から記者へ移動
    ■2014年 アナウンス部へ復帰
    ■2021年 営業部へ異動
    ■2022年10月 NBC長崎放送を退職。
    ■2022年11月 2023年春の長崎県議会議員選挙立候補する予定であると報道される

大倉聡さんは岡山県出身。キャストKSBパートナーズという人材派遣会社から派遣という形で瀬戸内海放送へ入社しています。NBC長崎放送に移籍してからは主にアナウンス部で「報道センターNBC」「あっぷる」「Pint」など数々の番組に出演していました。
営業部に異動になってからはさすがにTV画面への露出が減っていましたが、2022年10月をもって退社しています。

大倉聡の奥さんは?

そんな大倉聡さんの奥様は、大倉みなえさんであろうと言われています。
このことに関しては本人も特に公表していないですし、みなえさんもそれについて言及することはありませんのでおそらくそうであろうという予測になります。

大倉みなえさんは、長崎ケーブルメディアで放送中の「なんでんカフェ」のMCをされていましたが、2022年9月末をもって卒業しています。

ご主人である大倉聡さんが長崎県議会議員選挙立候補すると決めていたため、みなえさんも卒業を決意されたということでしょうし、そもそもご主人が選挙活動する場合に奥様がテレビでMCが出来ないという、公職選挙法に関した事情かと考えられます。

大倉聡とTwitter

大倉聡さんは、NBC長崎放送に所属していた2020年3月から現在もTwitterを更新しています。

2022年11月の投稿で、NBC長崎放送を退社したという報告をしていました。

この投稿には、長崎県議会議員選挙への立候補の話は全くありませんが、「長崎のためにちょっと違うステージで精進して」という内容があり、立候補を示唆するような内容とも受け取れます。長崎のことを思う気持ちが強い方だという感じがしますね。

そんな、長崎のことを思う気持ちが強い大倉聡さんですが、こんなことがありました。

2020年8月の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典の際の、安倍総理のあいさつ文が広島でのあいさつ文と酷似しているという内容を自らの番組「Pint」で伝えた際に、「被爆国のリーダーとして、残念」というコメントをしたことが注目されました。

このことには賛否両論あり、Twitter上でも数々のやり取りがされています。
報道する立場、番組として県内に放送されるという場面でこのようなコメントをするのはなかなか勇気がいることだと思いますし、批判の声もあったようですが、大倉聡さんが長崎のことを思う気持ちが強いがためにこのようなコメントになっていると思います。

また、Twitter上ではPTA活動で夜間巡回をされたり、NPO法人の方と交流されたり、ボランティアのような活動も精力的にされています。

大倉聡長崎県議会議員選挙立候補する理由は?

それでは、大倉聡さんが長崎県議会議員選挙立候補する理由は何なのでしょうか?

大きな理由は、前述したとおり「長崎のことを思う気持ちが強い」ということであると考えられます。
NBC長崎放送に所属している限りは、長崎県に対する自分の個人的な理由を主張できる立場ではないということを感じて退社されたのでしょう。

また、保育園の延長をされている「NPO法人輝(てらいと)-キミも大切な存在」代表理事の松尾伸一さんと団体を立ち上げていますが、保育士の処遇改善などを話し合ったりされており、長崎をよくしたいという気持ちも見えてきます。


今回、無所属で長崎県議会議員選挙へ立候補する大倉聡さん。
2022年8月に「大倉さとし後援会」を政治団体として長崎県へ届け出を完了しています。(引用:長崎県の文書)
所在地は長崎市本河内3丁目1番14号とのことです。代表者は寺中聡という名前になっていますが、大倉聡さんと同一人物なのかは定かではありません。

大倉聡さんは、知名度は抜群ではありますが議員への挑戦は初めて。
今回の長崎県議会議員選挙立候補するにあたり「どぶ板で無党派層へ訴える」と地元新聞社の取材に答えています。

2023年の長崎県議会議員選挙立候補する大倉聡さんの、今後の活動に注目ですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次